蓑毛パピヨン (・・? これが蓑毛(みのげ)というものか?

成長の様子

先日、テレビを見ておりましたら

日本犬に、蓑毛(みのげ) というものがあることを学びました。

蓑毛とは、肩の上部に生える長い表毛。藁を編んで作られた雨具の蓑に似ていることから、このように呼ばれる。気力が充実した時に立つ。

こちら、我が愛犬、サファイア1歳ころ。スリムですなぁ(;´∀`)パピヨン一歳

続いてこちらの画像は2歳過ぎ。背中のちょっとブラウンがチラチラ見える部分にご注目。

こちらがそのアップ。

撮影がヘタクソなんですが(;´∀`)

サファイア、2歳を迎える前ぐらいから、この背中部分の毛だけがこんな感じにうねり立っているんです。

先代パピヨンのルークでは、そんなことはまったく気が付かず。

(・・? なんでサファイアの毛はウネウネなのかしら?

パピヨンって、毛がカールしていた記憶がないんだけどな。。。

と、考えていた矢先のテレビ。

その中で、

日本犬は寒さから身を守れるよう綿毛が密になり。首から背中にかけて生える蓑毛(みのげ)は雪が背中に積もらないようにふっくらと盛り上がっている。

と説明がありました。

( ゚Д゚)ほぅ!

そうか!( ゚Д゚) サファイア、蓑毛パピヨンだったのか!

そうよね、パピヨン原産地のベルギーもフランスも緯度は北海道樺太くらいだし、ありえるわぁ❤

と、ひとり勝手に納得する飼い主。えぇ、頭の中身は常に平和。

サファイア、蓑毛パピヨンとお呼びしますわよ( *´艸`)

さ「みなさん、お母ちゃまって思い込みが激しいのよ❤ 蓑毛パピヨンなんて信じないでね❤」

コメント

タイトルとURLをコピーしました