デジカメ 勝手に画像がコピーされて…いませんでした。無事解決しました(;´∀`) ~飼い主ネタです~

飼い主のこと

飼い主は、なんでもサクサクスムーズに進むのが好き。

サファイア
サファイア

アタシはサクサクオヤツをもらっちゃうのがスキ❤

さて、本ブログの画像は基本、デジカメで撮影したものです。たまーにスマートフォンもありますが、飼い主にとって使い勝手はデジカメがベター。

愛用デジカメは、 Canon デジタルカメラ PowerShot G9 X(シルバー) 光学3.0倍ズーム 1.0型センサー PSG9X(SL)
いわゆる高級コンデジです。
お買上時のレビュー比較画像アリ

いまだ、撮影技術がカメラに追いついておらず、この画像ってホントに高級コンデジ(・・? と、意味があまりないように感じますが、それでもブロガーの皆さんのように美しい画像を撮りたい気持ちだけは満々にありますのです(笑)

そんな飼い主は、愛犬サファイアShotを本ブログにあげることが日々のささやかな楽しみであったわけですが…

あぁ、それなのに。(-_-;)あるときから、画像をパソコンに取り込むとこんな状態に…

そして、飼い主は怒りまくっておりました(笑)

「<(`^´)>この無用な青い画はなんなんだっ!?何で勝手にコピーが作られちゃうんだっ!?」

「自動でコピーされるような設定なんて、してないぞっ!」

「(-“-)なんでカメラからパソコンに画像を取り込むと勝手にコピーされるんだっ!(怒)」

まったく原因がわからずに、はてなブログのほうに「画像が勝手に増えないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?」なんてことを解決策求めアップしておりました、これが2019年12月2日時点。
≫「画像が勝手に増えないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

しかし、打開策はみつからず、画像を取り込むたびに青い画を削除しなければならぬ面倒さ。

カメラのほうの問題か。と設定をいろいろといじってみても解決することなく、飼い主のイライラはマックス状態へ(-_-メ)

「ええいっ、サクサク進まんじゃないかっ!(怒)」

そうこうするうちに、打つ手打つ手がすべて裏目となってしまい、とうとうカメラを手に取る気力さえ消滅。ブログからしばらく離れておりました。

さ「お母ちゃまって、そーゆーセイカクなのよ❤」

そうは言っても、日々の写真自体はたまるわけで。

約一ケ月が過ぎ、ムクムクと沸き上がる飼い主のやる気(笑)

まずは基本だ( `ー´)ノ。と419ページある分厚い使用説明書を見ることに。

さ「お母ちゃま、ちゃあんと読んでね❤」
Canon デジタルカメラ PowerShot G9 X

飼い主にとって「勝手に画像が増える」「パソコンに取り込むと画像が勝手にコピーされている」「青い画が勝手にできる」怪奇現象なんですが、実際問題怪奇現象などあるわけない訳でございまして。間違いなく、いろいろといじっているうちに、飼い主自身が怪奇現象設定してしまっているはず。

わからないなりにも、うーーん(-_-;)これってヘンよね。と思われるページをペラペラめくって読み込んでいきましたよ。

そして、80ページでみつけた「RAW画像を記録する」

JPEG画像は過去の経験から聞き覚えもある単語ですが、RAW画像(・・?

よーく脳内記憶を巻き戻してみると、カメラ画面上で取り損なった画像を消そうとすると、「JPEGを消去」「RAWを消去」「両方消去」のいずれを消去しますか?といつの頃からか選ぶようになっていた。。。

もしや、これが原因か。と説明書を確認しながら「RAW画像を記録する」の☑をはずすと、怪奇現象が解決!

(-_-;)なんて簡単
(-_-;)ったく飼い主は、この一ケ月なにをしていたのでしょうか。

サファイア
サファイア

お母ちゃまって抜けてるでしょう~?❤

このRAW画像とは「生データ」のことだそうです。
ローフードのRAWと同じ生。

使用説明書から引用すると、RAW画像とはカメラ内での画像処理による劣化がほとんどない「生データ」です。とあります。小難しいことはわかりかねますが、今まで利用していたJPEG画像は、カメラ内でなにがしかの処理がなされて、飼い主のような市民がサクサクとつかえるように加工されていたのですね。RAW画像は、想像するにWEBデザイナーの方々などが使用されるのではないでしょうか?

「生データ」であるRAW画像は、そのままの状態ではパソコンでみたり、印刷できないために、カメラ内で現像するか(やり方は使用説明書229ページ)ソフトウェア「Digital Photo Professional デジタルフォトプロフェッショナル」を使ってJPEG画像やTIFF画像に変換(現像)する必要があるそうです。ですから「青い画」状態だったのですね。

このソフトウェア「Digital Photo Professional デジタルフォトプロフェッショナル」は、キャノンホームページからダウンロードできます。リンクしておきます。
キャノンDigital Photo Professional デジタルフォトプロフェッショナル

もうひとつ、画像が何の画像なのかチェックする簡単な方法は、プロパティを確認すること。

通常の飼い主の場合、パソコンにカメラ内の画像を取り込み、画像ファイルに保存しています。そして、マウスを画像の上に持ってくると下の画像のように、項目の種類から日時、サイズなどが表示されます。

しかし、「青い画」はマウスをもっていってもウントモスントモいわないのです。下の画像のようにただ、矢印が指しているだけです。ついでに、画像に映っている左側の「青い画」と右側の「甥御とおトイレ中のサファイア画像」は同じもの。その証拠にそれぞれの画像のしたにあるIMG_4783は同じ数字です。

そこで、このウントモスントモ言わない「青い画像」に矢印を置いて右クリック→プロパティ。
CR2とは、キャノンのRAW記録ファイルの拡張子のこと

プロパティの「全般タブ」のファイルの種類を見ると「CR2ファイル」とあります。
このCR2が、キャノンのRAW記録ファイルの拡張子のこと。ですから、パソコン上で画像を見ることができなかったわけです。

無事解決し、あぁ安堵❤

ご参考追記
パソコンに画像を取り込むときに、勝手に画像が増えている(コピーされている)場合、画像をパソコン転送中にマウスが動くと画像がコピーされるんだそうです。ネット上で問題解決しようと探しているときに、ご高齢者対象パソコン教室を運営されている方のブログに書いてありました。

すっかりやる気を取り戻した飼い主。ペラペラと使用説明書をめくりながら、いろいろな撮り方モード設定の方法を今頃理解しましたので、サファイアをモデルにトライしてみましたよ。

【油絵のような画像にする】
油絵風に撮影する

【水彩画のような画像にする】
水彩画のような画像にする

【トイカメラのような効果をつけて撮る】トイカメラのような効果をつけて撮る


さ「・・・キャノンさん、ごめんなさいね、営業妨害じゃないのよ❤ もう少ししたらお母ちゃまも、ちゃあんとお写真撮れるようになれると思うの❤」

(;´∀`)飼い主、サファイアに言い返す言葉なし。

キャノンPowerShot G9X MarkⅡは、本来、こんなにきれいに撮影できます。画像はオフィシャルホームページ内から引用させていただきました。
星の軌跡を鮮明に描く 星空モード(星空軌跡)

(-_-)同じ機種で撮影しているんですがなぁ…

さ「お母ちゃま、頑張ってね❤」
PowerShot G9 X Mark II | 撮影サンプル

(;´∀`)はい、精進いたします。

 

キャノンPowerShot G9X MarkⅡ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン PowerShot G9X MarkII シルバー
価格:57750円(税込、送料無料) (2020/1/15時点)

楽天で購入

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました