犬がご飯を食べないときの飼い主が編み出した方法。

犬がご飯を食べないときの四つの我が家的対処方法ごはん・フード・オヤツ

●犬がご飯を食べないときの飼い主が編み出した方法。笑わないでね(笑)

我が愛犬サファイアは健康優良児そのものでございます。快食快眠快便の三拍子もばっちり☆日々をエンジョイしていらっしゃいます。

だって快食快眠快便の三拍子は美パピの素だもの❤

日々のブログをご覧いただくとエラクお利口さんに見えているかもしれません。みえてない?(笑)えぇ飼い主にとっては可愛い可愛い愛犬なんですけれどね‥…

じつは。

(;´∀`)少々暴露話をいたしますと…そんなサファイアですが外面と内面が違うとでも言いましょうか、誰に似たのか気分にムラがあります。

ある日。
「サファイア、ごはんですヨ~」
自分が眠たい時は知らんぷり。ベッドに寝っ転がってぐ~スーピー!飼い主完全無視!
ある日。
「はいっ!サファイア大好物ですよ~」
飼い主張り切って準備したご飯をクンクン臭いを嗅いだら踵を返してベッドへ直行(-_-;)

食べたくなったら食べるのが犬。ですがそうは言ってもねぇ。サファイアの場合は察するにワガママ。そんなこんなで試行錯誤の上「犬がご飯を食べないときの、飼い主が編み出した方法」をいくつかご披露します。

対処法①食器チェンジ法

まずは対処法①食器チェンジ法

名前の通り食器を変えてしまう。という方法です。

サファイアの食べ残し画像でゴメンナサイ。

この日のメニューは、緑豆入り炊き込み玄米に手羽元をほぐしたものを煮込んだリゾット風。ちょっと残してしまいましたね。

そして残しながらもサファイア飼い主のほうをじっと見つめます。この表情はこのように言っておりますの。

さ 「お母ちゃま、アタシ、別のモノが食べたいの❤キッチンからいい匂いしてるのわかるのよ❤」
別のご飯が欲しくて真剣に訴えるパピヨン

そんなときは「サファイア~いまから美味しいものをあげますからね~♪」といいながら、サファイアの食べ残しを別の容器へ盛りなおします。美味しそうになりましたかね?( *´艸`)

この日は食べ残しでしたが、まったく食べてくれないときも、このように別の食器に移し替えてあげます。

この時の変更する食器のポイントは「大きさが違う」「形状が違う」ことが飼い主的こだわり。サファイアからみても、物理的変化に気が付けることをポイントにしています。

みてください、自分からお部屋に入ってガン見しておりますよ(笑)目が真剣です。

申し添えておきますが盛りなおした以外に、なにかをトッピングすることはございません。

はい、サファイアどうぞ。
さ「パクパクパクパクお味、ヨロシクテヨ❤」

このように食べ残したり、あるいはまったく食べない場合は食器を変えるんです。別のものと思っているのかいないのか?目先が変わるのでサファイアの食欲が復活するのでしょうか?

人間も食器1つで同じおかずも全く違うものに見えますからね(笑)その手法をサファイアに応用した対処法です。

対処法②エア・トッピング法

続いての対処法②はエア・トッピング法

エア・トッピングに使う道具はこれ。お箸。
犬がご飯を食べないときの強い味方。おはし。
そして、フォークです。
犬がご飯を食べないときの強い味方。フォーク。

(^-^)説明の前に、ネーミングの由来をお伝えいたしましょう。

エア・ギター(air guitar)とは。
演技の一つでギターの弾き真似。大げさな演奏する身振りと、しばしば実際の歌唱や口パクによって構成される。
※Weblio辞書より引用させていただきました。
エア・トッピング(air topping)とは。
演技の一つでご飯をあげる真似。大げさなご飯をあげる身振りと、実際の言葉「サファイア、はいっあげましょう~」によって構成される。
※飼い主辞書より引用いたしました。

さて、いつの頃からか覚えていないのですが、以前にサファイアを実家に長期あずけたころからと飼い主は記憶しております。食べ物の選り好みが始まったんですね…そして食べないんですよ、愛情たっぷりのご飯を( ;∀;)

えぇ、飼い主が愛情❤込めて作ったゴハン知らんぷり!

サファイア

バアバのお家のお肉のほうがオイシイんだもの❤

みなさま、ピンときますでしょ(-_-)

犬のしつけは家族一丸ですのよ(-_-)。ま、これは別の機会に述べるとしまして。。。

(-_-;)どうしたことか。としばし思案する飼い主…
(*’▽’)おぉ!飼い主ひらめいた!

「はいっ!サファイア、あげますよ~」と大げさにリアクションしながら、飼い主テーブル上から食べ物をお箸でつまむ真似をして、そして、サファイアの食器へ「どうぞっ!」と入れるしぐさ。

お箸にもフォークにも食べ物は一切なし!

えぇ。ズバリ「エア」です。

すると、食べるのです(;´∀`)

たぶん、「はいっ!サファイア、あげますよ~」大げさにリアクション大きなポイントだと考えているのです。要するにサファイアのテンションが上がったんですね。と推測します。

そう、サファイアは、すぐにテンションが上がるタイプ。

以前も実母帰宅時のピョンピョンサファイアをブログでご披露しましたが、とにかくちょっとした変化にハイテンション!このことは以前ドッグトレーナーだった宅配のお兄さんにも指摘をされたことがあります。宅配便が届こうものならこんな感じ≫インスタグラムにアップしている動画

テンションの上がるワンちゃん。ぜひお試しください。

対処法③チョッキンチョッキン法

そして対処法③はチョッキンチョッキン法

さ「お母ちゃま、これアタシ頂けないわ」

(;´∀`)えぇサファイア。おミカン入りは「我が家のチョッキンチョッキン法」を皆様に見ていただくためのイメージ画像用に撮ったのですよ。

さ「お母ちゃま、アタシがチョッキンしてあげようかしら~❤」

そうなのです、このキッチンバサミ様が我が家ではよい仕事をしてくださるのです。

我が家では、手羽元や手羽先のフレッシュを与えることも多いのですが、カットすることもなくそのまま与えています。手羽先一本、手羽元一本を丸のまま与える理由は犬にとって大切なカミカミ欲求を満たせることから。また、お肉だけだと犬に必要な栄養バランスがくずれることを学んでいますので、かならず生の骨とセットです。

サファイア、与え始めた頃から、なんなく丸のままガリガリ言わせながら美味しそうに食べていました。

それが、いつだったか。大好きなはずの手羽元を食べずに、でも食事部屋から出ることもなくジッと待つのです。

(・・? サファイアはなにを訴えているのだろうか?

脳みそフル回転で、可愛い愛犬が訴えることを理解しようとする飼い主。

●嫌なら食事部屋から出ていくんだから、嫌ではない。
●いままで食べていた大好きなものだしブランドもいつものお気に入りなのだから問題ないはず。
●鮮度も確認済みで問題なし。

(・・? もしかして大きいのかな?

よくよく見てみれば。。。というレベルですが、準備をしているときに、(ちょっぴり今日の手羽元は大き目だなぁ。)と感じていたのです。そこでキッチンバサミを取り出して、サファイアの目の前でお肉と骨を離すようにカットしてあげたんです。

するとパクパク食べだしたサファイア。

(;´∀`)なんとデリケートなこと。

その日をきっかけに、手羽元フレッシュを丸のままを与えるとジッと待つようになったのです。

そして、飼い主は「じゃあ、チョッキンチョッキンしてあげましょうね~」とカットしてあげることが多くなったのです。

実は、対処法③チョッキンチョッキン法はここからが本番!

食べ物の選り好みをして食べない。というときにはこの経験が大きく飼い主の味方となりました。キッチンバサミ様の登場です。
きっちんばさ

サファイアが食べなかったり、食べ残しをしたときは、やおらキッチンハサミを取り出しチョッキンチョッキンはさみの音を立てながら(←ここポイントです)食器の中にはさみを向けてチョキチョキ。こんな感じですね。

飼い主も「はい、チョッキンチョッキンチョッキンキン~♪」と能天気に歌いながらチョキチョキしております(笑)ちなみにエアチョキチョキも同じように効果があります(^^♪

すると、食べるのです(笑)

これは「パブロフの犬の法則」すなわち「条件反射」を利用しているのではないか。と思っています。

※「パブロフの犬の法則」「条件反射」
犬にえさとベルの音を同時に与えつづけると、ついにはベルの音だけで唾液 (だえき) や胃液が分泌されることなど。ソ連の生理学者パブロフが発見した。

対処法④旅館の朝食法

最終手段が対処法④旅館の朝食法。

飼い主は旅行に行くと朝食が楽しみの一つ。

あれって何なんでしょうねぇ?妙に食欲があって朝から美味しい朝食をたっぷり頂いてしまう、あの不思議(笑)

みなさんはいかがですか?飼い主はこの不思議をサファイアに応用しました。

ずばり 飼い主実家に連れていくです。

はい、ネーミングのココロは食事場所を変える=気分を変える。これを飼い主的表現で「旅館の朝食法」としました(笑)

あれだけ飼い主宅では「ごはんいらなぁい❤」とワガママお嬢様も、飼い主実家に行くとハイテンションで食べる食べる!それはもう美味しそうにパクパク食べるのですよ(;´∀`)

そんなサファイアの様子を見て実母曰く

「あんた、ちゃんとご飯ばやりよるとね?」
「お宅のごはんがマズイっちゃないと?」

と指摘されますが言い返しもできないですなぁ(笑)

さ「ばぁばっ!お母ちゃまっ!足りないわっ!ゴハンおかわりっ!」

もちろんこれらが大前提の対処法です。

(笑)いかがでしたでしょうか?
飼い主の涙ぐましい試行錯誤がおわかりいただけたと思います。

食べさせるために、まったく別のもごはんに変える。とか、好物をトッピングする方法もあるんですが、我が家のサファイアお嬢様の場合はワガママが超加速しかねないであろう。という飼い主の懸念と判断のもと、ご披露した4つの対処法に行きつきました。

ただし、以下をクリアしていることが大前提ですがね。

☑健康な状態であること
→具合が悪いと食べません。先代ルークの食欲は体調と薬管理のバロメーターでした。
☑新鮮な食事内容
→フードが痛んでいたから食べない。とはよくあることです。
☑しっかり運動!しっかり発散!
→運動不足のために食べない子も多いそうです。
☑快便
→人間も便秘だと食が進まない、これは犬も同様。

 

おまけ

実家にて。

おや、サファイアがお食事指定位置で実母を見つめていますよ。
さ「ばぁばがアソコにいるってことは、アタシに美味しいもの用意しているんだわ❤」
きっと何か美味しいものがもらえると期待に満ち溢れるパピヨン


さ「ばぁば、ちょうだい~❤」実母「しかたなかね、ほらっサファイア❤」
食べ物おねだりするパピヨン

(;´∀`)えぇ、しつけは人間からですな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました