90347461

子犬 ワクチン スケジュール

ブリーダーさんから、サファイアのワクチン接種の様子の画像が送られてきました。子犬ながらなんとも神妙なお顔をしていますね。ブリーダーさんによると、泣くこともなかったそうです。

ルーク母様
こんばんは。本日、予防注射に行ってきました。
心音、検便、歯並び、膝蓋骨脱臼、ヘルニア、耳の中の汚れ皮膚の状態など健康チェック問題ありませんでした。車も酔わず注射の時も泣きませんでしたよ(^^)

よかったよかった、スクスクと健康に育っている様子です。ありがたいことですね。

兄妹仲良く注射に耐える姿をブログにアップしてありますよ→ブリーダーさんのブログ

ルークの時は、病気の関係で途中からワクチン、狂犬病といった予防注射類と離れてしまったものですから、そっか、サファイアはちゃんと予防注射接種しておかないと、いろんなところに連れて行くから、証明書として必要になるなぁ。と、ボンヤリ考える飼い主。犬の美容室でも初めての時は確認されますもんね。

その一方、飼い主自身がインフルエンザ等々の予防接種類とまったく縁がないタイプなので、いまいちピンとこないのですよ。注射をしようなんて考えるから感染するんだ!というなんともおおざっぱで根拠ない考えで生きていたものですから・・・(;´∀`)

しかし、そうは言っていられないだろう。ということで、まず、子犬時代のワクチンスケジュールをチェックしてみました。

見てみると、先生方の考え方によって意見もいろいろとあるようですねぇ。なんだか書いてあることが、それぞれで一貫性があるようでない。ないようで、ある(?_?) う~ん、ワクチン接種の落としどころどうしよう(・・?

そんなときに、子犬サイトのブリーダーズさんにこんな記事を見つけましたよ。→ワクチンについて疑問を感じたことはないですか?

る「サファイア、病院の先生もお姉さんもみんな優しいんだぜっ!」

犬のワクチン接種については、人間的な考えは置いといて、必要最小限はやはり必要ですねぇ。とくに、狂犬病、ジステンパー、パルボ、犬伝染性肝炎は発病したら治療法がありませんので。

飼い主もこんな経験が。

ルークが発症した当初、病院があらゆる感染の可能性を調べてくださるのですが、狂犬病、ジステンパー、パルボ、犬伝染性肝炎は陰性だった。というだけでも、大泣きに安心した記憶があります

「あぁ、ちゃんとワクチン接種していてよかった(T_T)」と、心から安堵したものです。

混合ワクチン接種スケジュールは、

子犬の場合…1回目(生後42日~60日)→2回目(生後3か月頃)→3回目(生後4か月頃)→年1回の追加接種というパターンのようですね。

これに、狂犬病ワクチン接種が年に一度が加わるので、けっこうな回数になりますねぇ。

サファイア、病院の先生とも仲良くなっておきましょうね。

犬部屋を置く位置の決め方

●犬部屋を置く位置の決め方

先代ルーク時代にトレーナーさんや保育にお世話に慣れましたが、最初に指導してくださったのが、ルークのクレート・サークルの位置でした。クレートやサークルはさっさと準備していましたが、それらを置く位置が大事なんて、飼い主、思いつきもしなかったです。

やっぱりプロはプロですね。

当初、飼い主は、和室の位置に犬部屋をセッティングしたのですが、飼い主の動線等々を考慮すると、どうしても死角ができやすい。ということで、ハート部分の位置がいいとアドバイスをいただきました。
※下記間取りは似てますが、我が家ではございません。

要するに、人間の目が届きやすく、仔犬がいつでも安心できる場所がベスト。ということですね。

クレートでお休み中はぐっすり眠れるように、静かな壁側。
直射日光が当たらず、明るい場所。
もちろん、飼い主が部屋でくつろいでいるときは、いつでもアイコンタクト可能。

ですから、ルークの時は下の画像のこのような感じに。
我が家の間取りの場合はこの位置がナンバーワンのようです。ちなみにこの場所は我が家の一等地でもあります。ですので、ここに置いてあった飼い主のソファはあえなく別の位置へ移動。

このように、先代犬ルークで学んだ知識と知恵を、もちろん二代目パピヨンのサファイアにも応用です。

さ「アタシのお迎え準備が着々とすすんでいるのね」

犬に安全な食器 森修焼は「しんしゅうやき」

犬に安全な食器が届きました、可愛いサファイアのために。

お買い上げはこちら。森修焼 ドッグボウル ピッコロ(ペット用食事皿)。飼い主、奮発しましたよ。お値段2,200円。

じっさいに持ってみると、なんというのか、物理的に温かいのではないけれど、飼い主には温かく感じられます。うーん、表現が追い付いていませんが、安心する。というかホッコリする。というか(・・? なんなんでしょうね?

食器は、お食事用と水入れ兼用か我が家流。

そう、食べ終わったらすぐに洗って、新鮮なお水入れにするのが我が家式。犬ですから、ご飯と水を交互に。は、あまりないでしょう?犬食い。というくらいですから、さっさと食べてしまいますのでね。この方法だと、食器は当然いつも清潔ですし、食器も一つで済みますし。

さて、食器ですが、横から見るとこんな形をしています。

ルークの食器と比べてみました。大きさがずいぶん違いますね。ルークの食器にお水をたっぷり入れてあげて140ml。飼い主が購入したのは、SサイズМサイズの中間サイズの ピッコロ 直径140×高さ50(mm) です。Sサイズでもよかったかなぁ。と思いましたが、食用旺盛!とのことですからこれでいいでしょう。

で、お買い上げのドッグボウルは、森修焼は「しんしゅうやき」といいます、ご存知でしたか?ちびまる子ちゃんの作者、さくらももこさんもご愛用だそうです。

この森修焼は「しんしゅうやき」とは、まるで「ポスト備長炭」!備長炭を上回る豊富な線赤外線効果で、食材本来の旨みや香りを引き出し、体を温めてくれるそうです。遠赤外線の放出量、天然絹の2倍のマイナスイオンの秘密は高純度の天然石にあるそうです。

「森修焼」は鉛やカドミウムを使用せず、ミネラルウォーターなどの精製にも使われる長石や麦飯石など天然石を釉薬とした安全な食器。

また、食材を入れて電子レンジで加熱した時に奪われるビタミンCの破壊がないデータもあり、毎日の料理や食材を温めたりする時に電子レンジをお使いの方におすすめです。

素焼き状態にイラストを貼付け、その上に天然石の釉薬をかけて焼き上げていますので、長年ご使用いただいてもイラストが剥げ落ちることがありません。汚れ落ちも良いため洗剤の使用量が少なくてすみます。

うんうん、やっぱりブログに書くものですねぇ。ただ、読んだだけではスルーしていたことが緑文字にたくさん。そうなんだぁ。

飼い主の心が動いた理由は、開発秘話の中にこんな話があったのです、以下引用。

以下引用。***********************************

アサリをプラスチックのボールと陶器とに分けて塩出しをした所、何度試しても陶器に入れたアサリが早く死んでしまうことに気がつきました。

引用ここまで。***********************************

いえ、この話。飼い主も思っていたことなんですよね。もしかしたら・・・と考えていたら、この森修焼(しんしゅうやき)を知ったのです。じつは結構以前で、ルークを迎え入れる前に知っていました。あぁ、やっぱりそうゆうことなのか。と、我が意を得たり。という感じでした。

しかし、お値段もいいですし、アサリがすぐに死んでしまうようなここまでひどい粗悪な陶器は、そうそうないだろう。と、結局ルークはこの森修焼(しんしゅうやき)とは別の陶器をフードボールにしていました。

もちろん、与えていた陶器が、ルークの病気を誘発したとは考えていませんが、できる限り考えられる不安は取り除こうと、今回は思い切って購入したのです。

長く使うものでもあるし、安心な気持ちでいられるのは、飼い主の精神衛生上気持ちもいいですし。やれることはやってあげたい。と思いますしね。

森修焼 ドッグボウル ピッコロ(ペット用食事皿)←こちらにリンクしているショップは、詳しく説明しているので、興味ある方は読んでみるといいと思いますよ。もちろん、人間用もたくさんのアイテムがそろっています。

【付録  森修焼(しんしゅうやき)犬の食器ブランド一覧】
いくつかブランドででているので、デザインが微妙に違います。リンクしておきます。ご参考まで。
キッチンドッグ
このシリーズが、飼い主購入分。

このキッチンドッグは、キッチンドッグ・パーフェクト50レシピという本を出しています。実は、偶然この本を見つけ、ひかれたのがこのパンケーキレシピ。そのころ、闘病中のルーク、まったく何も食べずにみるみるやせ細っていっていた時期で、もしかしたら。とパンケーキを作ってあげたら、食べてくれた。という飼い主にとって恩人ブランドなのです。

【森修焼(しんしゅうやき)】 フードボウル[白色] ペット用 日本製陶器 [10P03Dec16]
【大寒食育応援全品P5倍+5千円送無料】わんのはな 森修焼HANAフードボウル【Sサイズ】【紫色ロゴ】


●こちらは本家本元のショップ

実際に、森修焼「しんしゅうやき」を使ってみた感想

※追記
パピヨンのチャッピーちゃんママから、こんな情報をいただきましたよ。チャッピーちゃんの愛用品だそうです。以下はメーカーからの説明文引用しています。アマゾンでも人気NO1商品になっていました。

ワンちゃん、ネコちゃん用の水飲みボウル。天然素材独特の深い色味が魅力です。
「ヘルスウォーター」シリーズの器は、2億8千万年前の地層から産出した、天然希土類元素の成分を含んだ鉱物とバイオセラミックスを焼成して作られた人工機能石を素材に、約1100度の高温で焼成した陶器です。
お好きな飲み物をこの器に入れて掻き混ぜてみてください。
時間をおくほど、また熱いもの、冷たいものほど味がおいしく変化します

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。