90347461

子犬のおもちゃ

3日目。

別室で仕事をしていたら、ガタガタっ!ガタガタガタっ!とサファイアサークルから聞こえるではありませんか。

なにごとかと急いでサークルをのぞいてみると

(-_-;)・・・食器を引きずって遊んだようです。

えぇ、オモチャ対象となってしまった食器とはこちらのしんしゅうやき

食器によっては微量ですがカドミウム等のミネラルが溶け出し身体によくないことから、安心安全優先でサファイアがやってくる前に奮発して購入した食器です。

こんなに大きな食器を引きずるなんて(-_-;)それもお水が入っている食器を。

我が家は、ご飯後にこの「犬の安心安全食器 しんしゅうやき」を洗い、新鮮なお水を入れてあげる。というスタイル。ですから、犬用食器はこの一つなのです。

が、まさかサファイアのオモチャ対象になるとは(-_-;)

もちろん、ベッドもバスタオルもお水でビショビショ、すぐに洗濯行きです(-_-;)

サファィア。あなたには豚さんのぬいぐるみと牛のヒズメがあるでしょう?

さて、現在、サファイアに与えているオモチャは、上の画像にもある牛のヒズメ。これは先代ルークも大好きだったもの。

噛みたい欲求も満たせ、歯の健康にも良し。安心して与えられることから、我が家の定番。サファイアもすぐに気に入ってくれ、ガシガシ噛んで遊んでいます。牛のヒズメ

ひとつあれば、けっこうな期間持ちます。一個300円しないくらいのお値段ですよ。

そして、先日購入したオーガニックコットンで作られた豚さんも、お気に召したようです。サファイアの振り回しがひどすぎ、写真はすべてボケボケ。したがってサファイアと豚さん写真はなし。

飼い主は豚さんにしましたが、あとカエルとウサギも。飼い主の思惑通り、すべてが一枚の布で作られているため、引きちぎり誤飲はなさそうです。
※下の画像をクリックするとショップに飛びます。

しかし・・・当面の飲み水入れ。考えないとなぁ(-_-;)

さ「遊んで~♪♪♪」

バリケンネル コットンマットとボアマットの違い

本日サファイアがやってきて5日目。

到着当日1.6kgだった体重が、今朝は1.9kgへ!5日で300グラムも増え、すくすくと成長をしています。

さて、ほぼ毎日、洗濯機行きが決定したサークル内のマット。急いで追加注文分が到着しました。ショップは飼い主お気に入りのトムキャット楽天市場店さん。

さ「何が来たの~!?」サファイアの辞書に静止はありませんな(-_-;)

今回、コットンマットとボアマットの2つを注文しました。送料無料で、一つが1,280円程度ですから、お財布にも優しいですね。

さ「アタシのオモチャね!」(-_-;)違います。

さて、同じSSサイズ。下がボアタイプ、上がコットンタイプです。比較してみると一目瞭然ボアマットのほうがちょっとコンパクトですね。

実際に、クレートのバリケンネルにセットしてみるとほら。あったかボアタイプはちょっと隙間が空いてしまいますね。

こちらのコットンタイプは、サイズばっちりです。

コットンタイプは先代ルークからの愛用品でしたから、使い勝手も洗濯に対する強度も飼い主理解済み。

ちなみに飼い主個人的感想ですが、コットンタイプはクリームとブラウンがあるのです、下が証拠写真。しかし・・・コットンマットブラウンに乗った先代ルークすごい顔です・・・(~_~;) 
けっこう洗濯をするせいでしょうか、ブラウンだと色があせるのが早い気がするんですよね。ですから買い足し分はクリーム色が我が家の定番です。

あったかボアタイプはサファイア迎え入れが2月でもありましたので、試しに購入してみたわけですが、ま、ご本人はいたくお気に入りのようです。コットンに比べるとやはり暖かいですよ。コットンはすっきりとした肌触りなので。

触ると、とっても柔らかいボアタイプ。
触ると、しっかりした素材感のコットンタイプ。

ボアタイプは、その名の通り素材がフワフワのボア。サファイアの噛みつき、振り回し&お洗濯にどれだけ耐えられるか。

また、強度は追ってレポートします。

さ「ふりまわしがいがあるわ~」

コットンベッド クリーム SSサイズ【送料無料】
ボアベッド クリーム SSサイズ【送料無料】

ペットロス ファイナルステージ

それは、サファイアが我が家にやってきて3日目に起こりました。

3日目は、少しづつ子犬にかまってあげる時間を増やしても大丈夫。ということで、ぴょんぴょんぴょんぴょん跳ね回るサファイアとコミュニケーション。

いまだ、先代ルークの粗相あとが残る我が家。サファイアがその粗相あとをクンクンと嗅ぎ出したときに事件は起こりました。

「サファイア、それはルークお兄ちゃんですよ」

と、サファイアに話しかけた、次の瞬間・・・

なんと、涙がポロポロとこぼれだしたのです!

まさしく、無意識にふいに流れ出したのです。それと同時にサファイアを抱きかかえて「ごめんね、ごめんね。」と泣き続ける飼い主。

「涙」と「ごめんね」が止まりませんでした。

まさかの自分に、自分でも心底ビックリ!( ゚Д゚)。

誰に対して「ごめんね」と言っているのか。と問われたら、先代ルークとサファイアの両方に言っていると感じました。

そして、なんと表現したらいいのか難しいのですが、この事件の次の瞬間には、本当にサファイアを受け入れられた。と感じたのです。

お恥ずかしい話ですが、ずっと先代ルークとサファイアを比較をしていた気がします。当然軍配は先代ルーク。

気がします。というのは、意識的に比較していないのですが、フッと気が付くと頭の中で比べていたんですよね、本当にお恥ずかしいです。

そんな気持ちで次の子を迎えるなんて!と思われても仕方ありませんね(;´∀`)

飼い主は、ルークが虹の橋を渡ってしまってからは、縁がなければ犬なしの生活も、それはそれで人生エンジョイしよう。と決めていました。

そのような理由から、ルークがいなくて寂しいから、という理由で無理に迎えたサファイアではなく、偶然目にしたサファイアに縁を感じて迎え入れたわけですし、先代ルークとサファイアは別物なわけだし、頭の部分では理解をしていたはずなのですけれどね。

今日、このブログで、心境変化を綴らせていただいているわけですが、ルークとサファイアを微塵も比べることがなくなっています。これには自分でまたまたビックリです。

先代ルークはルークであり、サファイアはサファイア。

ルークとサファイアの違いを書いていても、ルークがよかった。とかそんなことが、まったく心に感じられないのです。それぞれを一つの個性として受け止められるようになったんです。

飼い主の心の中に何が起こったのでしょうか。

これで、本当にペットロスから脱出ができたのかもしれません。心が本当に軽くなっています。

これからも、本ブログで先代ルークのときは、とか、サファイアは、みたいな記述は続けると思いますが、それは個性の違いを書くことで、100家族・イヌあれば100家族・イヌのやり方があります。ということを伝えられるといいな。と思います。

飼い主のペットロス ファイナルステージのレポートでした。

る「母、よかったなぁ♪ボクも安心さ~」

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。