90347461

子犬 フィラリアのお薬

先日のワクチン接種の際に、フィラリア駆虫薬のミルベマイシンを処方されました。

ミルベマイシンとは、寄生虫の予防や駆除に有効な成分。いまではさまざまな製薬会社が出しているようですね。

今回、先生に出していただいたミルベマイシンが粉状タイプなのは、サファイアがまだ1.8kgだったから。錠剤タイプのミルベマイシンと効果はまったく同じ。粉タイプですから非常に細かく計量できるのが特徴です。

フードにまぜてあげました。
食欲旺盛サファイアですから、お薬のことなど気にすることなく即完食。

先代ルークも最初はミルベマイシンでしたが、発病してからはさらに穏やかな処方のモキシハートタブになりました。ちなみに、ルークの発病後は服用するお薬の関係で狂犬病の注射は接種しなくなったのですが、フィラリアのお薬は飲ませたほうがいい。と大学病院の先生からご指導いただきました。やはりフィラリアは予防一番のようです。

る「ボク、おやつかと思ってたよ」

飼い主は、動物病院で出していただいていますが、病院から購入すると価格が高い。ということで、ネット上で購入する飼い主さんも多いようですね。

本音を言えば、薬は飲ませたくない。というところ。

しかし、かたくなにお薬拒否で愛犬が悲しい目に合うのは絶対いや。

その塩梅を常に模索する飼い主です。

子犬のお散歩デビュー2日目

朝焼け美しい今日は、お散歩デビュー2日目です。まだまだ肌寒いので大丈夫かな?と思いましたが、先代ルークに比べてことのほか寒さには耐性があるような気がします。

それを裏付けるように今朝の体重は2.2kg!それもトイレ後の体重です、なんと昨日から200gも一気に増加しています!すくすく成長です。体つきも華奢ではない(笑)

さて、今朝はなんとか写真が撮れました。

昨日のデビュー戦と比較すると、足へのまとわりがずいぶんと軽減しました。とはいえ油断大敵。気を抜くと踏んでしまいそうですから、飼い主細心の注意を払って声掛けしながら歩きます。

教えているわけではないですが、気持ち後ろからついてくるサファイア。

生まれて初めて見るであろう、さまざまなものに五感を刺激されっぱなしのサファイア。早朝のため雨戸をあける音や、スズメの鳴き声や姿、そして行き交う人に興味津々。立ち止まってはジッと観察しています。

ワンチャンとすれ違いましたが、興味がないようす(・・?

住宅街を歩いていると、ちょうど新聞を取りに出てきたご婦人の「まぁ、可愛い❤」の声に撫でて~とすり寄っていくサファイア。

「おはようございます」とご挨拶し、サファイアが寄っていくことにOKをいただきました。

お話を聞くとワンチャンを飼っていらしたけれど今は亡くなっていない。とのこと。そんな話をしている間に当のサファイアはちゃっかりご婦人の膝の上に自分からのりあがり甘えているではありませんか(-_-;) もう、ご婦人メロメロです。そりゃそうですよね。子犬に甘えられてメロメロにならない犬好きはいないでしょう。

「まあ、そんなにお顔なめると化粧水がついちゃうわよ~❤」とうれしそうなご婦人。サファイア外面の問題はなさそうです(;´∀`)

ずっと、スタスタスタスタ歩く。のではなく、何十メートルごとに立ち止まり。というスタイルでしたよ。途中でダッシュしてみたりも今日は加えてみました。そうそう健康のバロメーターうんちもしっかりしていました。昨日からアレ(・・?と思っているのが、おしっこはお家に帰るやいなやトイレで用を足すんですよね。未来のレディだからでしょうか?

さ「アタシ、お散歩好きよ❤」

子犬 食事量で性格が穏やかに。

先日、二回目のワクチン接種のさいに、動物病院の先生から子犬の食事量が足りない。という指摘をいただきました。

その日のブログ

元気の塊。と思っていたのですが、そうではなく食事量が足りずにケソケソと落ち着きがない。という指摘です。

その日より、サファイアの食事量と回数を、サファイアのうんちの状態を確認しながら徐々に増やし、現在は動物病院で指導いただく前の約1.5倍の量になりました。

その間も、おやつ感覚でフードをちょこっと与えています。なんだか血液型A型の方、向けダイエットのようですね。血糖値のバランスを整えるために一日の3回の食事の間に間食することで、空腹を避ける。という方法の。

犬っどうなんだろう(・・?

独り言はさておき。

朝昼晩の3回+αです。

一週間たった結果ですが・・・

なんと、\(^o^)/元気のかたまりサファイアに落ち着きが見られるようになりました!

いえ、もちろんパワー炸裂の甘噛み、部屋ダッシュ、飛びつきのお転婆に変わりなく「食事量で性格が穏やかに」という今日のタイトルはちょっと無理がある感じがしないでもありませんが( *´艸`)、なんといったらいいでしょうか?ケソケソしていない。と言ったらいいでしょうか。

以前のサファイアの落ち着きのなさを、動物病院の先生は数多くの犬たちを見てきたご経験から、ごはん量が足りないと指摘されたのでしょうね。

ガツガツしていない。というか。

地に足が付いた。というか。

単に、サファイアが元気なだけ。と思い込んでいた飼い主。やはり先生方に見ていただく。ということは大事ですね。本だけでは決してわからないことです。

今日も、しっかりご飯を食べてくれるサファイア。食が太い。というのは、飼い主にとって幸せの一つです❤


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。