90347461

「みんなのブリーダー」からのご成約特典

自宅に帰ると、頼んだ覚えのない荷物が到着していました。

送り主を見てみると「みんなのブリーダー」

そう、こちらの「みんなのブリーダー」という子犬版出会い系サイトでサファイアと出会ったのです。ちなみに先代ルークも出会い系サイトです(笑)

そして、頼んだ覚えのない荷物とは、「みんなのブリーダー」からのご成約特典でした。忘れた頃に届くって妙に得した気分になっちゃいますね( *´艸`)

その中身は「みんなのペット消臭剤 300ml

さ「あたし、臭くないわ」飼い主「そーゆー意味じゃありませんよ」

そして「ロイヤルカナン LHN インドア ライフ ジュニア 子犬用 800g 正規品 3182550849364 お一人様5点限り 関東当日便

同封物でロイヤルカナンの冊子が入っていましたが、まぁ、なんときめ細やかに年齢、犬種、ライフスタイル等々と種類がたくさんあるのかとびっくりしてしまいました。

ルークのときも、ロイヤルカナンが送られてきた記憶がうっすらと。このロイヤルカナンって、世界中どれくらい消費しているんでしょうねぇ。ブリーダーさん達もロイヤルカナン愛用多いですものね。

同封されていたみんなのペット消臭剤 300mlはまだ使っていませんので、追ってレポートしますが、説明書等みるとアルコール・塩素フリー安心な消臭材、とうぜんワンチャンがなめてOK。直接体にスプレーしても良いようです。イギリスの会社が作っているようですね。

以下、メーカーサイトから引用
——————–
●除菌率99.999%の強力な除菌力
99.999%の細菌を死滅させる強力な除菌力があります。即効性もあり、吹きかけてから瞬時に除菌・消臭を行います。

抗菌効果は24時間以上持続
乾いても抗菌効果は持続し、最低24時間から、環境によっては数ヶ月も。
菌を再び寄せ付けず、イヤなニオイの再発生をカットします。本製品を使用することで、24時間以上の抗菌バリアでコーティングします。感染予防が可能になります。

●塩素・アルコール不使用でペットに優しい
塩素やアルコールを不使用で無香料・無着色。ペットが舐めたり、口に入っても無害です。無臭なのでニオイに敏感なペット達にもストレスを与えません。

低基材損傷性で素材を傷めない
低い基材損傷性なのでプラスチック、金属、布、樹脂製品、ゴムなど、ほとんどの素材を傷めません。
——————-

こちらの商品、ペットに限らず冷蔵庫内など、さまざまな場所に利用できるようです。ま、そうじゃないと特典で送ってこないですよね。

ちなみに飼い主は5年ほど前から個人的にこちらをご愛用。
【植物抽出エキスの消臭・除菌・抗菌・防カビスプレー】ニオイの元を分解消臭!幅広い菌に対し確実な除菌も!防カビ対策としても!「アクアミスト」無臭(400ml)≪製造・発売元フリーマム≫

このアクアミストは、たまたま先代社長を飼い主が存じ上げていまして。現在は息子さんが社長として亡きお母様の意思を引き継いで事業を発展なさっていますよ。

このアクアミスとは先代社長がご自身のお子さんのために本当に安心できる商品を。と開発されています。飼い主はもっぱら玄関等のカビ予防に活用。私の知り合いも、これを紹介すると手放せなくなるようです。

子犬 ワクチン2回目

初回のワクチン接種日から、ちょうど一ケ月がたった本日。サファイアを2回目のワクチン接種へ連れて行きました。近所の動物病院ですので抱っこして歩いていきましたよ。

抱っこ散歩は先日、近所をゆっくり見せてあげたくらい。はじめて大通りの喧騒の中を抱っこして歩きましたが、緊張している様子はあまりなし。

途中に出会う、幼稚園登園前のパパ、ママたちに手を引かれる子供たちに興味津々の様子でした。

さて、こちらの病院は我が家の歴代ペットたちがほぼ全部見ていただいている先生。ですからもう30年以上のお付き合いです。

今後は、こちらの先生と、ルーク闘病時にお世話になった先生にサファイアを見ていただこうと考えています。

今回、病院画像はなし。撮るのを忘れてしまいました。それでは、以下、病院内のやり取りです。

可愛いですねぇ。と、サファイアを愛でる先生にご満悦の飼い主(←バカ)

先生「お名前は?」
飼い主「サファイアです」
先生「おぉ(笑)」

やはり「サファイア」というお名前はレアなのでしょう(笑)

そんなサファイアご本人は、まぁ、なんとも子犬らしく、先生や看護師さんにじゃれて甘えるではありませんか。いつものやんちゃはどこに行った!

ちょうど、発情期なのでしょうか?にゃ~にゃ~と鳴き続ける猫ちゃんが入院中でしたが、サファイアまったく気にする様子なし。とにかく先生に甘えたいようです。

サファイアも先代ルーク同様、人が好きなフレンドリー体質ですね。

先生「この子、足が長いですね~」
飼い主「やはり、そうですか、なんか長いなぁ。と思っていたんです」
先生「骨折は気を付けてください」

健康状態もチェックしていただき、ご指摘受けたのは「食事の量が足りない」ということ。それも痩せている。ではなく、落ち着きのなさからの指摘です。

先生「今、食事は何回ですか?」
飼い主「一日2回です」
先生「この子には足りないですね、半年くらいまでは3回あげてください」
飼い主「わかりました。」
先生「その子その子の個体差があるのですから、フードの表示通りにあげるのではありませんよ。」
飼い主「はい」
先生「この子は、もう少しあげていいですよ、今の時期は太るとか心配なし。しっかりと食べさせるともっと落ち着きが出てきますよ

と、先生は慣れた手つきでじゃれるサファイアをあやしつつ、飼い主にお話していただきました。

そうか、ご飯が足りずに落ち着きがなかったのか。。。反省。
飼い主「先生、まだ考え中ではありますが避妊手術も視野に入れてます」
先生「するんだったら、2回目の発情前までがいい。と言われています」
飼い主「わかりました、また、ご相談させていただきます」

先生「ワクチン、この環境ですから3回目はいらないでしょう」
飼い主「良かったです」

先生「一週間過ぎたら、お散歩も大丈夫ですよ」
飼い主「わかりました♪」

先生「しっかり食べさせて、そして日光浴をしっかりさせるように」
飼い主「はい、わかりました」

先生「今日は、安静にしておいてください。
飼い主「わかりました♪」

先生、サファイアをなでながら「・・・あなたは、安静にできるかなぁ(笑)」

初病院も無事にクリアしたサファイア。今週自宅待機がすんだらいよいよお散歩デビューですよ(^^)

あ、ワクチンは6種。注射中は先生に頂いた、おやつフードに集中して注射されたことさえも気が付いていない様子でした。

一ケ月前はこんなに神妙だったのにね(笑)

子犬 しつけ以前の信頼関係づくり

パピヨンの性格は、警戒心が強い、 活気がある、 友好的、 丈夫、 明朗、 聡明。といったところでしょうか。

我がお嬢様のサファイアは、まだ未知数ではありますが、この数日間で飼い主が感じるところ、性質は結構大胆で明るそうです。

ほえる、はしゃぐなどの要求も激しく、狩猟本能全開!さらに、ちょっとお部屋に放すと、もう天然アジリティ状態、さすが身体能力高いパピヨンです(-_-;)

気質はどうでしょうかね。まだ、サファイアの気にそぐわない。という経験をしていないですから、攻撃するタイプか、逃げたり固まったりするタイプかは、これから見極めていきます。

先代ルークのときは、誰に対してもフレンドリーな性格だったので、この調子だったらボランティアで施設を回ったりするセラピードッグもいいかな。なんて考えたこともありましたが、サファイアお嬢様は委託警察犬か?!と脳裏をよぎるほど欲求が強いです(~_~;) そのやんちゃぶりはあらゆるところで発揮。

このフェンスは到着当日からキッチンに入らないようにセットしたのですが・・・なんと、すでに飛び越えてくるのです(-_-;) 先代ルークのときは飛び越えることがなかったので飼い主唖然です(笑)

さ「アタシ、じっとしてるの嫌なの」

さて、フェンスに仁王立ちするサファイア。見ていただいての通り首輪とリードを着用しております。将来、先代ルークと同様にハーネスでお散歩の予定ですが、まずは慣れていただくべく、首輪を着用することから始めました。1日10分程度ですがね。

いろいろ見て回ったんですが、けっこう固いんですよね、首輪って。子犬・猫兼用首輪があったのでそれにしました。柔らかくて猫にも使えるけれど負荷がかかっても外れないタイプです。

万一、抱っこしているときにふいに暴れて落下させてしまうことも、首輪に指をかけておけば安心ですから。

当然ながら、室内でリードをつけたりしてもまったく嫌がることがありませんでした。ちなみに飼い主からの引っ張りはなし。現状、リードもオモチャ化しています。

さて、子犬 躾のベースづくりですが、今現在は、前のブログにも書いている通り、

飼い主は安全な存在ですよ❤
飼い主は頼れる存在なんですよ❤

という接し方に徹しています。具体的に言うと、いつもスキンシップをしている状態ですね。よしよしよしよしヾ(・ω・`)とナデナデナデナデしています。

これは、とにもかくにも人間社会で楽しく一緒に生活をしていくための躾=マナー入れていくためのベースづくり。

人間関係と一緒ですよね、信頼関係があるから、叱られても素直に育つ。

もちろん、可愛いサファイアは犬ですから、脳の作りが人間とは違います。先代ルーク同様大事に大切に育てていますが、ダメはダメ!と犬に理解できるように教えてあげないとね。

振返ってみると、ルークのときはちょっと厳しかったかなぁ。と反省点が残ります。いい子に育ってくれたのですが、主従関係づくりに悩んだ時期も多かったです。

その反省点が、しつけ以前の信頼関係づくりが薄かったのでは。という仮説です。

イメージでいうと、子供。とくに幼児がイメージしやすいですが、悪いことをして親にこっぴどく叱られるでしょう。そして最終的には、お母さんにべったり抱っこされてヨシヨシと甘えて安心していますよね。

その、お母さんにべったり抱っこされてヨシヨシと甘えている部分だけで、現在接している。というわけです。ルークのときは、これが少なかったと思うのです。

弟夫婦の甥御を見ていて、つくづく感じたのです。

その仮説のおかげか、サファイア、いらっしゃい!一声呼べば、すぐに走り寄ってきてくれるようになっています。アイコンタクトもできていますよ。

飼い主との距離が縮まってきた証拠に、「この飼い主らしい人には自分らしくしていて大丈夫~甘えて大丈夫~」とサファイアが感じ始めたのでしょう。甘噛みもひどくなりました(-_-;)

その理由は、犬は強いものには服従しますが、環境に慣れてくると、成長とともに、少しでも上の位にいこうとする生き物ですから。人間も似てますね。

しかし、そうは問屋が卸しませんよ(笑)

あまりに甘噛みがひどいときは、よしよしヾ(・ω・`)いいながら、ライオンの母子状態にします。これで、いったん収まります(笑)

※画像はお借りしました。

さ、今週は二回目ワクチン接種の予定。来月にはお外散歩も連れていけるようになりますから、サファイアもはしゃぎがいがあることでしょう。

さ「お母ちゃま遊んで❤」

まぁ、しおらしい振りしちゃって!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。