90347461

宝満山 裏宝満の提谷ルート 大成長サファイア!

タイトルにありますよう、サファイア大成長いたしました。体重も成長ですが(;´∀`) 今回は大躍進とでも言いましょうか。

どうぞ、今日の山登りの様子をご覧ください。

今回の登山は福岡でもとても人気のある宝満山。宝が満ちる山ですよ、ニヤニヤが止まりませんな( *´艸`)ふふふ。

宝満山とは
筑紫平野の太宰府の背後にそびえ、福岡県を南北に貫く三郡山地の山のひとつ。北の若杉山まで仏頂山、三郡山、砥石山と連なって、筑豊との分水嶺をなしている。

下見にいらした方からこのようなメッセージが登山メンバーへ。

とても嬉しい飼い主❤というのも竈門神社からの登頂はずっと階段なのですよ。一度登って以来、山の醍醐味が感じられず。。。宝満山は~(+_+)だったのですが♪

温かい天気に誘われて宝満山へ行ってきました。竈門神社からのルートは気乗りしないので裏宝満の提谷ルートにしました。なかなかわかりにくいルートで、しかもほとんど人に会いません。下山はシラハケ尾根を歩くつもりが道を間違えてしまい、何度も地図を見直しました。スマホにヤマップから地図をダウンロードしていたにもかかわらずとても不安でした。シラハケ尾根はとても歩きやすい登山道です。比べて提谷は沢沿いで滝も多くワイルドです。行きは提谷、帰りはシラハケがいいと思います。3月17日はこのルートをおすすめします。

ルートが違う!ということで、飼い主、両手をあげてのワクワク参加表明。サファイアも行きましょうね。

さ「ハイッ!アタシも参加よ❤」

さ「早く着かないかしら~♪アタシ、ウキウキしちゃう❤」

堤谷ルートのスタート地点は、こちらのお寺さん。登山客用のために2台の駐車場を用意してくださっているのです、ありがたいですね。

ちなみに、どなたもいらっしゃらないときにはカギがかかっているのでトイレには入れません。とくに女性の方は到着前にコンビニ等のお手洗いで済ませておくことをおすすめします。蛇足ですが宝満山は山頂手前のキャンプ場にお手洗いがあります。こんな設備が整っているのも人気の一つでしょうね。

えぇ、週末の宝満山は芋の子を洗うがごとく人があふれています。

しかし、この裏コースは人が皆無。1日通じて登りも下り合わせてもお一人でした。それも管理人らしき方とすれ違っただけ。山頂は足の踏み場もないくらいワンサカいらっしゃいましたよ~。

さ、サファイアスタートですよ。行きましょう。

と、すぐに小さな小さな流れる川。

あらっ、サファイア・・・
(;´∀`)頑として動きません。伏せてしまいました。。。

さ「お母ちゃま、アタシこわいの」
サファイア第一回目抱っこ(笑)

 

サファイアの登山スタイルは必ずハーネスです。

そして、リードを2本つないで即席ロングリードに。

下の画像の丸印わかりますか?飼い主の持っているタイプのリードは持ち手部分が一本に伸びず丸いままなのです。したがって、ここで2本をつなぐのでちょうど中央に輪っかがくるカタチに。


しかし、これがとても使い勝手がいいんです。短く持ちたいときにもサッとつかめますし、いろいろ試行錯誤してみましたが、飼い主には今のところベストかな。

大きな岩がいっぱいです。サファイア、リズミカルに登っていきますよ。

下見の方が「提谷は沢沿いで滝も多くワイルドです。」とおっしゃっていた通り、ところどころに梯子やロープが。そして、登山道沿いにずっと川が流れています。そしていくつも小さな滝が。

どんなに浅くても、やはり流れる川が怖いサファイア。立ち止まっちゃいますね。いつものお転婆ぶりはどこに行ったのでしょうか?(笑)

ほんとに気持ちよくって心から清々しい気持ちになるコースですよ!

なかなかサファイアのポーズが決まらず(-_-;)

目から耳から五感が喜んでいるのがわかります。思わず「気持ちいい~!」と叫びたくなってしまいました(笑)

梯子も何か所か。

順番待ち中。

サファイアは、抱きかかえつつ、上からキャッチしていただき登らせます。

お天気に恵まれ、雲一つない快晴。風も穏やか❤緑もきれいです~♪

さ「お母ちゃま、このお山はアップダウンが楽しくってアタシも楽しいわ❤」

無事、山頂へ!
(-_-;)ってサファイアのポーズ再び決まらず。。。

こんな時はやはり抱っこ&皆さんとハイポーズ♪
さ「お母ちゃま、だっこだと遠くが良く見えて気持ちが良いわ❤」

それはそうでしょう、サファイア。今日のお天気は最高ですもの。

この日は長崎の山まで見えていたんですよ、ホント最高でした!

山頂からの下りはちょっとした裏ルートから。
表側はさすがにサファイア連れは危険と判断。すると・・・

さ「お母ちゃま、あのキラキラしているのはなぁに?」

樹氷です~!829mの標高ですが日陰側にはまだ残っているのですね。

暖かい日だったので、ぽたぽたと落ちるしずく。それもまたとても美しい。自然ってなんて素晴らしいんでしょう。すべてがワンダフル❤

サファイア、ほら、氷がありましたよ。
さ「お母ちゃま、透き通っていてキレイね❤」

さてさて。
( *´艸`)タイトルにあった大成長サファイア!ですが。

ご覧ください!

なんと、下山する頃にはサファイア、川の前で立ち止まることなく自分で歩いていくではありませんか!

なんという成長!大躍進!!(^^)!

さ「お母ちゃまも早くいらっしゃいよ❤ こわいならアタシが抱っこしてあげましょうか?❤」

登山のお仲間も、わぁサファイアが川を歩けるようになってる!とビックリ!

母である飼い主、サファイアの成長に嬉(;O;)❤

こんなにおチビちゃんだったのにね❤

吠えるオモチャ

サファイアは、日々のブログで御覧頂いている通り、おしとやかとは言い難い。しかし飼い主が目に入れても痛くない可愛い可愛いお嬢様。

その様子は本ブログカテゴリーの「( ;∀;)サファイアやめて・・・」の通りです(笑)

ブログでご紹介している以上の日々を飼い主とエンジョイしております、きっとブログに書くことの追い付かない実情をご覧いただくと引っ繰り返られることでしょう(笑)えぇ、個体差は見事それぞれであることに日々実感をしておりますよ(^^)

さてさて、申し上げたようにおしとやかとは言い難い、とてもアクティブで愛らしいサファイアお嬢様です。

が。

しかしながら、吠えないのです。

見事に。

パピー時代に可愛い声を聞いたことはありますが、ほぼ皆無。玄関のピンポンにもまったく吠えないのです。

先代ルークも、発病して身体が言うことを聞かず。とう状態になるまではまったく吠えることがないイケメン坊やでした。ちなみにワンワンが始まっても必要最低限というレベルでした。

ワンワン言わない。兄妹この点は似てますね。

そして、これは公共交通機関移動&それに伴いサファイアをつれまわす飼い主にとっては親孝行、とても助かっております❤( *´艸`)

さて、ある時100円ショップダイソーに行きましたら、こんなオモチャを見つけましたのでサファイアに買ってあげましたよ。

サファイア、お土産ですよ、お好みかしら?

さ「お母ちゃま、なんだかポップな色合いで楽しいわ❤」

このオモチャ、実は犬用ではなくネコ用で販売されていました。プラスチックのボールの中に鈴が入っていてシャラシャラ音が鳴るんです。

ボールが大好きなサファイアなので買ってみたのですが。。。

さ「お母ちゃま!なにか音が鳴ってるわ!」

なんと、近寄りません!

えぇ、画像のごとく近距離までは近づきますが、本体にタッチしようとしないのです。なにがいつものオモチャとちがうのでしょうか?人間である飼い主、サファイアのいぬのきもち判別不能!

さ「お母ちゃま、これって安心なの?」

思わぬサファイアの警戒した態度!

さ「見たことがないオモチャだわ、カミカミしてもいいのかしら?」

さ「気になるわ~!」

そうこうするうちにサファイア大興奮!

大興奮するのだけれど、まったく触ることもなればタッチもしてきません、ただただ画像の通り興味あるけど触らない~!な態度!

そうこうするうちに、なんとも愛らしい声で「あんっ!あんっ!」とボールに吠えだしました!

さ「お母ちゃま!これ、なんなの!あんっ!あんっ!」

飼い主もビックリ!

いままでサファイアがオモチャに吠えつくところをみたことがなかったからです。

さ「アタシ、お友達になれそうよ❤」

サファイアもワンワン言えるのね~!

さ「お母ちゃま、わかってないわぁ❤ アタシはレディなのよ!」

晩白柚 食べ方

さ「お母ちゃま、その箱の中身はなあに?」

( *´艸`)なんでしょう~?

サファイア、いい香りがしていますか?

さ「クンクンクンクン❤ アタシはお母ちゃまよりもお鼻がきくのよ!なんだかさわやかな香りが漂っているわ~」

さ「ガシガシガシ!ガシガシガシ!早く中身が見たいわ!」

じゃ~ん!
サファイア、これは晩白柚っていうんですよ

( ゚Д゚)っ!ああ゛っ!サファイア!

(-_-;)サファイア・・・

箱をあけた瞬時に飛びつき、ダッシュで逃げていきましたよ。

えぇ、こんなときの機敏性は一級品のサファイアです。。。

そして、サファイアの狙いは晩白柚ではなく、その保護に使われていた緩衝材。どこをどんなふうに見ているんでしょうねぇ(-_-;)

出しなさい。
さ「いや❤」
ほんとにもう(-_-;)

 

気を取り直して。

さ「お母ちゃま、これなんて言うの?

これはね、ばんぺいゆって言うんですよ。熊本県八代市の特産なんですよ。

さ「アタシのお顔より大きいわぁ❤」

先日、お仕事で八代に行っていた飼い主。

送り主を見てみると、八代でお世話になった方。

思い返してみると。

お食事会のときに晩白柚の話で盛り上がっていたことを気が付きました。そのことを憶えていてくださったのですね、なんてありがたいことなんでしょう❤

この晩白柚は日持ちもするそうで、皮がシナシナになってしまったくらいが実はジューシーでとても美味しいですよ。と教えていただきました。

食べごろ目安は、香りが漂い始め、皮を指で押したらへこむくらいです。

見た目も可愛いのでしばらく我が家のリビングに鎮座していただきます(笑)

晩白柚とは、世界で一番大きな柑橘。

晩白柚は、一般に知られる赤い実のザボン(白柚)の一種で、その実は淡い黄緑色です。柑橘類の中では最大級で、直径は20~25cm、重量は1.5㌔~2.5㌔。重いものになると、3㌔を優に越えます。

原産地は、マレ-半島。白柚より完熟期が遅いことから、晩生白柚⇒晩白柚と命名されました。 

発見者は、当時の台湾の農業技手で、植物研究家の島田弥市(しまだやいち)氏です。「晩白柚の父」と称えられる島田氏は熊本県八代郡東陽村の出身で、同村を全国有数のショウガ産地にして「ショウガの父」としても知られる他、「ポンカン博士」としても有名で、その「美しき生涯」を植物研究に燃焼させた人物です。

八代地方は、かなり以前から在来種のザボンが栽培されていたため、昭和10年熊本県の果樹試験場に導入されると、急速に一般農家でも栽培されるようになりました。在来種よりもみずみずしくて、独特の良い香りと柔らかな食味を持つことから、昭和40年代に入ると在来種より晩白柚の生産量の方が多くなりました。

ハウス栽培は、昭和52年に八代市の湯野果樹園が最初に成功。露地栽培より1カ月
以上早く収穫出来るようになり、正月前に出荷できるようになったばかりか、水気の多さ、果肉の柔らかさも飛躍的に向上しました。

現在では、八代地方のみならず熊本県の代表的な特産品となり、お歳暮やお年始に引っぱりだこです。

八代内ビジネステルホテルルートイン八代にご紹介されていた文章を引用しました。

 

さ「じーーーーーーーーっ…」

さ「あたーっく!」

さ「お母ちゃま、いつもアタシが遊んでいるテニスボールより大きいのね」

ほんとね、テニスボールと大きさを比べてみましょう。

さ「わぁ、大きいわあ❤遊びがいがありそうだわ❤」

サファイア、それをいうなら遊びがいではなく、食べがいですよ。

さ「お母ちゃま、はやく頂いてみたいわ❤」

晩白柚の食べ方ですが、
1 シンプルに皮をむいていただく。
2 皮を加工する、多いのは皮の砂糖漬けですね。あとジャムなんかが食べ方スタンダードでしょうか。

JA八代おすすめ
晩白柚ばんぺいゆ の砂糖漬けレシピ
●材 料
晩白柚の皮 ・・・・・・・・ 100g
砂 糖 ・・・・・・・・・・・・ 250g
水  ・・・・・・・・・・・・ 180~200cc
グラニュー糖 ・・・・・・ 適量●つくり方
1.晩白柚の果皮を切りそろえ、表皮を薄くむく、また内側も少し取り除く(白い綿の部分を使用します)
2.鍋に(1)を入れ熱湯をかけて5分間フタをしておく。5分たったらよくもんで水洗いをする。この作業を3回繰り返す3.(2)の果皮の水分を充分に押し出す

4.鍋に、砂糖、水を入れ火にかける。砂糖が溶けて透明になったら、(3)の果皮を入れる

5.沸騰するまで強火で、その後、弱火にする。皮全体が透き通り、水分が無くなるまで煮詰める(焦がさないように注意、時々皮の位置を変える。水の量が少なくなったら適量を足す)

6.炊き上がったら、お盆などに広げて冷まし、グラニュー糖をまぶす

今現在、晩白柚は飾っていますので我が家のレシピ画像はないですが、 飼い主はサラダにしようかと。アボカドや春菊、ルッコラ。そしてクルミなどのナッツと合わせてオリーブオイルのドレッシングをかけて頂こうと目論んでいますよ。

※画像をクリックするとショップに飛びます。

 さ「待ち遠しいわぁ」

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。