90347461

犬 椅子の下に座る

冒頭から生活感あふれ、美しいとはいいがたい写真ですがサファイアスマイルでお許しを(;´∀`)

さて、サファイアがリビングを自由にしているときにくつろぐ場所がこちら。飼い主の座る椅子の下。ちなみに仕事部屋でもこんな感じです。

もっと細かく言えば、足元から椅子の下。かな。

足元、というのはグリーンの座布団マット。この上に寝っ転がって飼い主の足に身体のどこかをいつも引っ付けています。

そして、画像のようにイスとマットの間。

さらに、椅子の真下。別名飼い主のお尻の下ですね( *´艸`)

以上の場所がサファイアのお気に入り位置。

犬が椅子の下に座る。なんて書くと主従関係ができているかのようですが、どんなものでしょうか?。

先代ルークと同じように育て接しているつもりなんですけれど、サファイアのほうがルークのパピー時代よりもおおらかに育っているような気がします。

ちなみにサファイアと同月齢の頃のルークは、パピヨン備忘録を見返してみても、オスワリからフセにはじまり鼻タッチお手、回って♪、いただきます等々教えていましたねぇ。

いわゆる芸もできると、人様にもパフォーマンスできますから、さらに可愛がられやすい(笑)

なにより可愛い❤

しかしルークの、闘病生活を経験したせいでしょうか?

じつは飼い主、サファイアのしつけ(芸?)に意欲なし。

その理由は、犬と共に暮らすに必要な最低限のしつけ。それは、呼んだら来ること、座ること、待つこと、飼い主が身身体のどこを触れ、口を触ったり開けたりしても嫌がらないことさえできれば、意外にも共同生活して困ることはないと感じたからです。

その部分はできつつあるサファイア、まぁハイパーではありますが(;´∀`)

さて、椅子の下に座るサファイアの本心はいかに?

 

さ「アタシここが落ち着くのよ❤」

2件のコメント

  1. 確かに。生まれ持った性質も大いにあると思うのですが、体を触っても嫌がらない、クレートに入るのを嫌がらない、あと、何より一緒に楽しく遊べる。小さなベリーちゃんはそれが出来ればほぼ十分な気がします。

    1. てんこさん、はじめまして(*’▽’)
      ベリーちゃんのママなのかな?
      それぞれにご家庭にあった
      一緒に幸せに愛犬と暮らせれば一番ですよね。

ご訪問ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。