90347461

北九州風師山・矢筈山登山 &門司港唐揚げ選手権

さ「お母ちゃま、みなさんお話ばっかりしてるわ、アタシ、もう車の中でスタンバイばっちりよ!はやくドライブに行きたいわ」

どれどれ?と車中から外を見ると、どんなルートで行くか、いまだ皆さん喧々諤々。

さ「まだかしら」

サファイアが、いまかいまかと出発を待っているのは、北九州風師山・矢筈山登山!

周防灘や玄界灘の見渡せる風師山(362.2m)へ小森江子供のもり公園から矢筈山(266m)を経由して登っていく初級者向けの登山というより気軽なハイキングコースです。

走行中、外にも興味津々のサファイア。
サファイアの目には、どのように映っているのでしょうね?

さ、出発地の駐車場に到着、まずはキャンプ場を目指して歩きます。

サファイアは、いつものお散歩の首輪&リードスタイルから、ハーネス&ダブルリードスタイルへ。

山歩き時には上り下りの高低差があるのでダブルリードの長さでギリギリ。これ以上長いとサファイアのコントロールがしずらくなるので、飼い主にとってベストな長さです。ちなみに、このダブルリード使いのきっかけはこちらの先代ルークブログに綴っています。

おやっ!お猿に瓜坊が❤

サファイア、たぬきが気になる様子!
さ「お母ちゃま、あたしに似てるわ」

獣臭などないはずですけれどねぇ。
形に反応している様子のサファイア。犬の知能とは興味が広がりますなぁ。

同行の皆さんも「サファイアがタヌキに反応してる!」と笑顔で見ていらっしゃいましたよ(^^)

地図看板がありましたので、まずは記念撮影。
サファイアもばっちりカメラ目線ですよ。

ちょっと歩くと、また地図看板が。
こちらのほうが地図の役目を果たしておりました(笑)

この後、テクテクと歩いて到着したところはキャンプ場。
飼い主、初めて知ったのですがこちらは映画「おっぱいバレー」(2009)や、「THE LAST MESSAGE 海猿」(2010)のロケ地となった場所なのだそうです。

いかにもキャンプ場らしく洗い場や管理事務所のところで想定外の出来事が

ワイワイと登山メンバーでキャンプ場入り口に到着したとたんに「犬はダメですよ!」と管理事務所から男性が。はい、犬連れ禁止なのだそうです。

多くの場所は犬連れでも大丈夫だったために、これは飼い主のリサーチ不足。ルールは遵守しないとですね。飼い主だけ戻るかなぁ。と考えていたらルートを変えよう。ということになりました。

管理事務所の方から「必ず連れて帰るように!」と言われ、思わず「連れて帰れってどうゆうこと?」と頭の中ハテナマークの飼い主。

よくよく考えれば、捨てる人がいるのか。はたまたドッグランと勘違いして放してしまい犬が迷子になった。ワンちゃんにとっては好奇心が刺激されっぱなしでしょうからね。マナー不足。そんなことが過去にあったのではないでしょうか?

ワンちゃん連れも楽しくレジャーをどこでも楽しめるような世の中になるといいですね。

飼い主も、サファイアのしつけをしっかりせねば。と心新たにする出来事でした。

さ、そんなこんなでルートを変えて、一行は362.2mの風頭山頂へ。
こちらは北九州の中でも一番の羨望を望めるのだそうです。その言葉通り気持ちの良い風景が眼下に広がります。

到着すると、望遠レンズをつけたカメラマンの皆様がいっせいに海側に向かってなにやら撮影中。伺ったらば「ハチクマ」という鷹を撮っていらっしゃるそうです。

飼い主も、負けじと疲労困憊している我がデジカメで撮ってみましたよ。撮ったつもりですが、クマハチさんかも怪しいもんですな(;´∀`)

ハチクマは、鳥綱タカ目タカ科ハチクマ属に分類される鳥類の一種である。ハチクマの和名は同じ猛禽類のクマタカに似た姿でハチを主食とする性質を持つことに由来する。→このサイトが詳しいです

※凛々しく美しき画像はお借りいたしました。


サファイア、ハチタカさんに敬意を表してちょっと凛々しいお顔で。鷹っぽい?(笑)

風景とお弁当を堪能したのち、えっとらおっちらと帰り道。

途中、愛犬ちゃんをリュックに入れて山頂目指すご婦人とお会いしました。サファイアをみるなり「まぁ、かわいらしい!」と抱っこ&チュー❤

愛犬ちゃんであるプードルちゃんはもう年齢のために目も見えないのだそうです。

先代ルークの山登りを思い出しました。

キャリー型リュックで登ったり、いろいろ試行錯誤しましたねぇ。

る「ボク、母のスリング抱っこ登山がお気に入りだったんだ!」

身体が動かないから、室内のままで。なんて望んでいないんですよね。飼い主が一緒にお散歩できますよスタイルに着替えると、ソワソワソワソワ落ち着かないんです。

きっと、目の見えないプードルちゃんも飼い主さんの愛情と共に、耳から鼻から、肌からと自然をエンジョイしていると思います。プードルちゃん幸せですね❤

さて、飼い主一行はひと風呂浴びたのち門司レトロ地区へ。近くの駐車場に止めてテクテク歩いて向かいます。

なにはさておき北九州の門司地区と言えば、この方、バナナマン!知ってる?

まずはバナナマンへご挨拶。この門司はバナナのたたき売り発祥の地なのですよ。

サファイアも一緒にパチリ。

飼い主たちの目的の一つがこちらです、北九州からあげ王座決定戦

味自慢の唐揚げ店が軒を連ねます。試食した飼い主的には糠炊き味の唐揚げがよかったです、多くはイワシが多いのですが、この糠炊きも北九州のお味なのです。
こちらは、チケット制になっています。チケット購入して並ぶのですが、すっかり体力を使い果たした飼い主一行。並ぶ気力もなく試食だけで会場を後に。後日、直接お店へ貢献させていただきたいと思います。

そうそう、ワンちゃん連れもたくさんいらっしゃいました。パピヨンちゃんもいましたよ。同行のみなさん、パピヨンって種類同じなのに顔がぜんぜん違うんだねぇ。とビックリ。先日、トリマーさんも言っていましたもんね。

あと、門司発祥と言えば焼きカレー。博多在住の飼い主もたまに食べますよ。さすが地元ならではの「くじら」や「ふぐ」なんてスペシャルメニューがありますね。これは博多ではみたことないな。

この北九州地区は他にパンチパーマとか全国制覇な発祥の地の宝庫でもあるのです。

そんな中、飼い主たちはいい大人が並んでソフトクリームに舌鼓。ソフトクリームは発祥の地ではないな(笑)

サファイアに甘々なみなさん、指先にほんのちょっとオスソワケ。

今日も充実の一日でございました。

※登山リーダーさんの後記
北九州登山はいつになくゆっくりペースで、下山後は門司港レトロ散策まで楽しむことができました。
今回は狙いは登山初級者参加で、小学生の遠足コースにもなるという希救自然道を歩いたわけですが、矢筈山から風師山までの登りは脚力を必要とし登山を感じさせてくれました。また山頂や風頭岩峰から見る関門海峡は素晴らしい眺望。十分、歴史と山と海を堪能できました。

ご訪問ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。