90347461

フランスの犬事情 飼い主の感じたこと。

数日にわたり、サファイアとフランス旅行を目論んだ下見へ行ったことをリポートしました。

“下見” 犬とフランス旅行 ~ モンサンミッシェル編 ~
“下見” 犬とフランス旅行 ~ サンマロ編 ~
“下見” 犬とフランス旅行 ~ リヨン編 ~
“下見” 犬とフランス旅行 ~ パリ編 ~

帰国翌日。

約2週間近く実母に預けていたサファイアとご対面。

まぁ、喜んでくれましたよ。

飼い主冥利に尽きる歓迎ぶりでした(笑)

サファイア、おりこうさんにバアバと過ごしてくれていたから、お土産ですよ。ありがとう。

さ「お母ちゃま、アタシにおフランスなおみやげ?」

さ「ウレシイんだけど、なんだか季節感がないんじゃなくって?おまけにどっこも、おフランスらしさがなくってよ」

(-_-;)た、たしかに。。。

ま、気をとりなおして(^-^;

はい、サファイア、どうぞ。

さ「ますますクリスマス感満載ね~今は5月なのに!でも、オモチャはスキだからゆるしてあげるわ❤お母ちゃま❤」

ハグッ!


お土産は紅白のロープです( *´艸`)

さて、実際にフランスへ行って、もっともっとたくさんのワンちゃんと出会うかな。と思っていましたが、日本とあんまり変わらないような印象を受けました。

もちろん、カフェでお利口に飼い主さんと過ごす図も見ましたが、飼い主の妄想がひどかったようです。

3人に一人はワンチャン。みたいな(笑)

みんながみんなマナーがきっちり入っているわけでもないし、ちゃんと横について歩く子もいれば、飼い主さんをぐいぐい引っ張る子も。

ガイドさんもワンちゃんを飼っているそうですが、一言「うちの犬はしつけできてません~(笑)」( *´艸`)

しかしながら、カフェOK。電車OK。ホテルもOK。住居もちろんOK。など日本とは比較にならないくらいに自由度は高いのはたしか。

これは素直にうらやましいですね。

しかし、時の流れ。というものもあるようで。
お買い物時にワンチャン同行はごく普通の姿だっのものが、この頃ではワンチャン連れで食品を買いにくるのはお断り。人間だけでよろしくね。というお店が増えている。とガイドさんに教えていただきました。

ただ、フランス人お好みの買い物のしかたとして、安いところに買いに行く!ではなく、なじみの個人商店にお買い物。ということが多いらしく、そうなるとお店としては、いままでご贔屓の犬連れ常連さんにはNGとは言えずに。。。黙認。なんてことも多々あるそうです。

今回のフランス滞在中、飼い主が目を皿のように探していたのは、ずばり「パピヨン」。それとペットショップ!

どーしても行きたくて、ペットショップ。

海外に行くと必ずチェックするのです。

とはいえ、団体で行動しているので、その中で迷惑にならぬよう必死に(!)さがしました。が、結局見つけることができませんでした~。

ガイドさん曰く、ペットショップは日本と変わらないくらいにありますよ。だったのですけれど、これが心残り。

という訳で、サファイアへのおみやげはスーパーで見つけたものです。

スーパーのペットコーナーは日本とそんなに変わらないですね、シーザーもいっぱい置いてありました。写真をとるのはさすがにはばかられましたので画像はなし。

そして、お気づきの方も多いでしょうが、出会ったワンチャンは見事にオール裸族。お洋服姿に出会うことはありませんでした。

首輪派とハーネス派は半々くらい。日本で見ないタイプのハーネスがあったので、それをチェックしたかったんだけどな~。

こちらのPUPPIA パピアは世界に流通していますね、3頭くらいですが着用姿をみつけました。※画像をクリックするとショップに飛びます。

こちらのパピアは、先代ルークもご愛用ハーネスでしたよ( *´艸`)

さ、次回のブログでは、サファイアのお留守番番外編をお送りします。

さ「ロープのオモチャ、好き好き~❤」

ご訪問ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。