90347461

りんご○○事件(;゚Д゚)

事件周辺状況説明

さて、その事件が発生したのは我が家近くの閑静な通り。

ここは、けやき通りという場所。

この道路を挟んで左側は緑豊かな公園地区。
そして、右側は山側となりゆるやかな坂道の住宅地となっている。

 

【事件当日】

飼い主 (人間) 以下飼い主。と、サファイア (パピヨン犬) 以下サファイアは、夕方の散歩にでかけ、帰りしな野菜屋さんへ立ち寄った。

そして、飼い主サファイア共に大好きなリンゴを三つ購入し、ご機嫌で自宅へ戻ろうとしていた。

 

【事件直前】

事件が起こったのは、この赤丸部分に差し掛かった時。

サファイア、突然赤丸付近でウンチをもよおした。

っと。
サファイアの様子がおかしい。

どうもウンチがお尻についたままの様子!

飼い主、サファイアを抱きかかえてウンチをとろうとするが、じつはお尻を触られるのが大嫌いなサファイア、公道にて大暴れ!

飼「サファイアっ!ほら、うんちとらないと!」

さ「ガウッ!
(いやっ!お母ちゃま、お尻触るなんてエッチ!)」

飼「サファイアっ!母に向かってガウッとはなんですか!お尻かしなさい!」

さ「がうっ!
(いやっ!)」

まるで、川で生け捕りした生きのいいデッカイ鯉と格闘するかのごとく、ピョンピョンクルクル逃げ回るサファイアに、リードを必死に持って格闘する飼い主。

 

【そして事件は起こった】

飼「サファイアっ!」
さ「がうっ!(いやっ!)」

 

飼「サファっ(;゚Д゚) ああっ!」

飼「(;゚Д゚) あ゛あ゛っ!」

さ「(;゚Д゚) がうっ!?」

飼「(;゚Д゚) ああっ!リンゴが~っ!」

 

コロコロコロコロコロコロ~

飼「(;゚Д゚) ああっ!リンゴが~っ!」

あぁ~
まるでスローモーションを見るかの如く、リンゴがコロコロコロコロと道路に転がっていく・・・

ほんとにスローモーション(-_-;)

さ「そうそう、この場所よ❤ 坂道だもの。そんなこともあったわね❤」

 

【事件の行方】

3個購入のうち、

1つ目のリンゴは赤い線の道路の真ん中まで。
2つ目のリンゴは緑の線で通行人の足元にぶつかる。苦笑いしながら拾い渡してくれる男性。
3つ目のリンゴは買い物袋に無事残っていた。


・・・朗報・・・

夕方で交通量も多い時間にもかかわらず
なんと奇跡的に車にひかれることなく道路に転がったリンゴは救出された。

 

きっと、飼い主&サファイアが、必死の形相で道路の真ん中にリンゴを拾いに走る姿は、通行人の失笑を買ったことだろう。

さ「アタシのかわいさに皆さんが注目していたわ❤」

 

【りんごの感想】

さ「りんごさん、大変だったわね❤」

りんご「ほんとよっ、あたしも気が気じゃなかったわよ、めっちゃスリリング!」


※すべて実話です(-_-;)

ご訪問ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。