90347461

Panasonic 全自動洗濯機 NA-FA90H5

Panasonic 全自動洗濯機 NA-FA90H5

我が家の新入りです。

妹ネコがご昇天したその日。

我が家の洗濯機様もあとに続くようにご昇天してしまいました( ;∀;)

10年使いましたのでね、修理せずに思い切って買い替えることににしました。

しかし、洗濯機が壊れてお洗濯できなくなる。というのは非常事態ですな、飼い主にとって。よーくわかりました。

さて、昨今の洗濯機事情をちょっとした知識で入れておこうと、ネットで洗濯機チェックをすると人気はこちらの全自動洗濯機ビートウォッシュ、日立が人気が高いようです。ダントツみたいですね。

飼い主とサファイアの住んでいる福岡は、大陸から色々飛んでくるもんですから、外干し勘弁してよね。なんて日も多々。

ですから、買い替え時にはドラム式を手に入れるつもりだったのですが、メンテナンスのことと設置スペースを冷静に考え先代洗濯機と同じく縦型にしました。

下がご昇天洗濯機。
えっ?なぜゆえ洗濯機にカバーをしているかって?

それはもちろんお嬢様のおかげですよ(-_-;)→その証拠ブログ

以前愛用分は東芝の8キロだったので、今回はもっと小さくてもいいかな。とか、でも毛布があるしなぁ。とか頭の中がいろんな考えが目まぐるしく。

予算5万内で。くらいに考えてとにかくヨドバシカメラへ行ってきました。

そして出会ったのが、Panasonic 全自動洗濯機 NA-FA90H5。

ちなみに夏商戦目前の今の時期は値引きもなく、一番高い時期。

わかっちゃいたけれど、お店の方からも
「今、一番たかいですもんね~」
と残念そうに言われてしまいました(-_-;)

しかし、値引きを待っている間に、我が家の洗濯物は大変な状況になるのは当たり前。

っていうか待てませんよ。
っていうか想像もしたくありません。
洗濯の山にうずもれる我が家。

で、お店の方へ伝えたのは

●縦型で
●薄手の毛布は洗える大きさで
●でも、もう小さいのでいいし。
●お値段は5万くらいで❤

なんて言っていましたが、ピンとくるものなし。

飼い主の渋りに渋った顔をみた販売員さん、飼い主が気づきもしなかった段ボールに包まれたままの洗濯機を指さしました。

飼い主の記憶によりますと、メーカーの過剰在庫分とかなんとかで、2018年今年モデルなのですがかなり価格を落としてある。とのこと。大きさは10キロ。

6万代くらいになってたかな?

カラーも飼い主好みのシャンパンベージュ。

( `ー´)ノ
即決しました。

そして、さらに可愛いお値引きをしていただきました。

ネットだと、この値引きができませんもんね、やっぱり現場です(笑)

この間、デジカメを買ったときも、なんだかんだで値引きにプラスして、保護シール(貼っていただきました)、メモリーカード等々もおまけでつけていただきました。

お店の方も、ネットだとこんなサービスはしたくてもできません。とおっしゃっていました。

さてさて
翌日、やってきたPanasonic 全自動洗濯機 NA-FA90H5。

画像がないですが、イケメンのお兄さんが汗だくで設置しくれました(笑)おまけにサファイアとも遊んでくださいましたよ。

そうそう、設置時に何とかいう理由で(すでにその理由さえ記憶にない飼い主(-_-;))洗濯機を高くする台があったほうが良いとのこと(画像の赤丸です)。

ホームセンターで安く買えますが、どうしますか?

と尋ねられたのですが、買いに行く時間さえないと判断し、その場で購入。3,500円位したかな、高いなぁ(笑)

amazonで見てみると、同じものが1,474円。
3,500円はこれはもう楽したい賃と手間賃ですね(笑)

ただ、この、日晴金属 洗濯機と防水パンの間にすき間を作る!洗濯機かさ上げ台 LC-KD65は値段はともかく(しつこい(笑))、飼い主にとってナイスお買い物。

洗濯機下に入り込むほこりのお掃除がかなり楽になりそうです。

さて、設置後すぐに初洗濯をしましたら・・・

( ;∀;)(喜)洗い上がりがぜんぜん違う~❤

家電は新しいほど良いと言いますが、同じ洗剤で洗っているにもかかわらず、洗い上がりがフワフワと柔らかい。

素直に感動しました( *´艸`)

そして、洗濯時間も短い。

文明は進んでおりますな。

さ「お母ちゃま、アタシ、洗い立てがフワフワで大好きよ❤」


はいはい。
サファイア専用タオルもバンバン洗ってあげますからね。

頭隠して尻隠さず。

ある日。
タイプ/横寝バージョンベーシック。

某日。
タイプ/うつ伏せバージョン。

さらに別の日。
タイプ/横寝片足浮かせバージョン。

そして
タイプ/身体ひねりバージョン。

サファイア、いつの頃からか、お尻半分出しでソファの下に寝っ転がるんですよね。たまにアクロバティックな体制に思わず目が点になる飼い主ですわ( *´艸`)

妹ネコ、虹の橋を渡る。

2018年6月23日深夜
妹ネコが虹の橋を渡りました。

19時頃、実母より
「ケリーがおかしい、会いに来なさい!」
と電話が入りました。

すっ飛んで実家へ戻ると、力なく妹ネコがベッドで寝ています。実母は妹ネコをずっとコーミングしてあげていました。

夕方になっても戻らない妹ネコを実母が探すと、車庫の奥に力なく寝ていたそうです。水たまり入ったのか、濡れていたそうで、すぐに温かいお湯で洗いそのままベッドに連れてきたそうです。

ゴロゴロと喉を鳴らしながら気持ちよさそうにしていますが、もう肉体から魂が離れていくのが目に見える妹ネコ。

もう、起き上がる力はありません。

こんなに小さかったかなぁ。と思いながら飼い主も身体をさすってあげました。

自力で動けないので、お水をスポイトから飲ませてあげると美味しそうに飲んでくれました。

「ケリーは今夜、逝くだろうから泊っていきなさい」と実母。

すっ飛んで自宅に戻ったために、サファイアをほったらかし状態でしたので、一度サファイアのこまごまの世話をしに戻り、その日の夜はサファイアは一晩お留守番。飼い主だけが実家に戻りました。

そして、翌朝。
妹ネコは虹の橋を渡り亡骸になっていました。

大きな病気をするこもともなく、避妊手術以外は一度だけ病院にお世話になったくらい。

この日も、食欲がなかったそうですが、それでもご飯を食べ、朝起きるとお外の日向ぼっこスペースへ自分で歩いて行ってるのです。

亡くなるその日は23時頃に、実母と飼い主は床についたでしょうか。

「ケリーちゃん、ゆっくりお休み」
と声をかけるとシッポを振ってこたえてくれました。これが最後。

実母は心配で眠れなかったらしく、夜中に妹ネコを見に行ったところ、すでに息を引き取っていたとのこと。

私たちが床についてすぐに、虹の橋を渡ったのでしょう。

天寿全うの妹ネコです。

上の画像にあるように、飼い主のところにやってきてくれたのが平成13年、2001年秋。誕生日が8月頃となっているのは、捨て猫だったからです。

おっとりとした性格で美人ちゃんだった妹ネコ。

飼い主がマンション住まいだったころにボランティア団体から引き取って、その頃は完全室内飼い。

一度飼い主がマンションから実家に帰ったときに外の味を覚え、町内パトロールをするようになったために、現飼い主マンションへ引っ越すときには、連れていくことは断念。そのまま姉妹ネコは実家住まいとなりました。

 

サファイアがあそびにいくと。。。

さ「あっ!ケリーおばちゃま!こんにちは❤」

妹ネコ「またワン公来たわ、知らん顔知らん顔~」

サファイアにエアネコパンチするくらい元気に過ごしていました。→証拠ブログ

下の姉ネコと共に写っている妹ネコ。
この写真は虹の橋を渡る5日くらい前でしょうか?

今にして思えば、飼い主に挨拶をしてくれていたのかな。と思います。珍しくナーナー言いながら近寄って甘えるのです。なんとなくおかしいなぁ、やもやお別れっぽいなぁ。と感じていたのですが、本当に虹の橋を渡ってしまうとは思ってもみませんでした。

昔から、ネコ(動物)は亡くなる前には姿を消す。と言いますよね。

飼い主は、姉ネコ、妹ネコ共にずっと言い聞かせていたことがあるのです。

それは、

「ジジ、ケリー、いいですか。虹の橋を渡るときには姿を消してはいけませんよ。必ず可愛がってくれているお父さんとお母さんの目の前でサヨウナラするように。絶対に姿を消すことだけはしてはいけませんよ」

とことあるごとに言い聞かせていました。

妹ネコ、ちゃんと飼い主の言いつけを守ってくれました(^^)

そして、今回の飼い主はペットロスにおちいることはありませんでした。

もちろん、このブログを書きながら不覚にも涙ポタンですけれど(笑)、17歳の天寿を全う。十分にお互いの気を交し合ったというか、思い残すことがなく、妹ネコも我が家と縁があって幸せであったろう。と、心から思えているからだと感じています。

ケリーちゃん、我が家に来てくれてありがとう。

お父さんと先代ルークと今頃いっしょに、美味しいお刺身でも食べていることでしょうね。大好きだった白身のお刺身をた~くさん、おねだりなさいね。

プニプニ妹ネコの肉球❤

先代る「母、ちゃんとボクがお父さんと一緒に、ケリーおばさんを虹の橋エスコートするから安心してね!」

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。